引越しまでのスケジュール作り

q1ripqy1.png引越しが決まったら、当日までに行わなければいけない手続きがあります。まず、賃貸に住んでいる人は管理会社か大家さんへ引越し日を連絡します。契約状況によって違いはありますが、通常であれば1か月前には契約を解除する旨を管理者に伝えなければいけません。次に引越し方法を決めて業者に連絡しますが、その前にはインターネットでどれ位の引越し費用になるか、自分の荷物の数を考慮した上で見積もっておくことも大切になります。この場合、最低は3社で見積もりをとることが良いでしょう。
家族で引越す場合に、中学生のお子さんがいる場合は転校手続き、家族全員では引越しのあいさつ状などの転居はがきを作り、自分たちが引越す前までに知り合いや仕事の関係者たちに配布するのが一般的です。最近はメールを使用する人も多く、年賀状などもメールで送信する人も増えていますので、引越しのあいさつもメールで済ませる人も多いのではないでしょうか。
また、引越し先の地域、希望引越し日、新しい住居と間取り、予想作業員数、使用する車両数、荷物の確認、荷造りの手配などあらかじめ必要な項目をチェックする引越しカルテを作成する方法もあります。以降、引越しの1週間前までには公共料金、住民登録、郵便物などの変更手続きを済ませます。光熱費関連では電気、ガス、水道、電話、NHK放送料金、郵便(転送依頼)、銀行(住所変更)、新聞、パソコンやインターネット、プロバイダ関連の変更手続きをします。

このブログ記事について

このページは、Matsusuzuが2014年2月14日 00:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「脱毛後のアフターケアをはとても重要」です。

次のブログ記事は「三井住友系列のモビット」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7